ホーム » 恋愛コラム » 恋愛テクニック » 会話術

スポンサードリンク

会話術カテゴリの記事一覧

好感度を高める相槌「さしすせそ」|会話で話題が続かない男性へ

根賀 尾太助:
「ククリ〜。ネット婚活には少しずつ慣れては来たんだけど
この前の初デートでやっぱりリアルのダメさを痛感したよ・・。
女性と対面した時にどうしても会話が続かなくって。。」

菊理媛神:
『マッチドットコムでだいぶ頑張ってたもんなぁ、根賀は。
オッケー。お前もそろそろ次のフェーズに進む時が来たようだね。
今日は特別に、会話の話題がすぐに途切れる時の対処法を教えてあげよう』

突然、部屋中に神々しい光が菊理媛神に降り注ぎ
根賀は涙目を浮かべながら「神〜〜ぃぃ!!」と叫んでいた。

口下手な男ほど身につけるべき会話テクニックとは


ちゅうも〜〜く!!
上手な相槌だけで劇的に変わる!
"さしすせその法則"で好感度を高めよ!!

「え・・。相槌だけ??
会話の話題が続かないから困ってるのに、会話をせずに相槌なの??
ククリ〜よくわからないよぉ。詳しく解説してよ〜」

『わかった、わかったからビービー言うのをやめろっ。

女性慣れしていない男ほど、自分から話題を振らなきゃって
勘違いして一方的に喋っちゃったり、焦って質問攻めしちゃうんだけど
女の子は基本的にお喋りが好きだから、聴き役になった方が最初は楽だよ。

もちろん、人見知りだったりシャイな子も多いから
初対面とか、最初は会話をリードしてあげる必要があるけど
温まってきたらボロが出る前に聴き役に徹してた方が好感度は上げやすい。

そこで登場するのが、さしすせその法則ってわけさ♩

さしすせそっていうのは相槌のフレーズの頭文字を合わせたもので
5つの相槌フレーズを要所要所で使っていくだけで
会話が続きやすくなるっていう、コミュニケーションの優れものなんだよ。』

「え、そ、そんな魔法のようなフレーズがあるんだね。
ク、ククリ!早くそのフレーズを教えてよっ!」

「さしすせその法則」のフレーズと注意点


さ:さすがですね
し:知らなかった
す:すごい
せ:センスが良いですね、世界が違う
そ:そうなんですか、そうなんだ


『さしすせその法則っていうのは上記の5パターン。
基本的には女性が男性に使う相槌と言われているけど
最近では男女ともに、人見知りタイプにも薦められてる会話テクだね。

コツは、オーバーリアクションと低いトーンのバランス。

ボソボソ言うくらいならオーバーリアクションの方がマシだけど
毎回オーバーリアクションだと逆に怪しいと思われるから
たまにボソッと小声で使うのも効果的だよ。

ただ、テクニックを使う時の注意点なんだけど
テクニックってのは自分の根本的なマインドや人格があって
初めて効果が発揮されるから、上辺だけではやるなよ?』

「え、ただ"さしすせその法則"を使うだけじゃダメなの?」

それじゃダメだよ。白々しく思われて逆効果になる危険性もある。
まずは心から"この子のことをもっと知りたい"って思えるマインド、
そして人を褒めようという姿勢を持つことが超重要だよ。

要するにさ、ホントに相手に興味があったら
オーバーリアクションとかトーンとか細かいことを気にしなくても
自然な"さしすせそ"の相槌フレーズを使えるようになるってこと。

そして、いつも目の前の相手を楽しませよう、大切にしようと思ってたら
自然な状態でも褒めたり、長所を探そうとするだろ?

いきなりそうなるのは難しいけど、意識していけば
今は女性との会話が続かない根賀だって、女性から寄ってくる男になれるよ』

「そ、そうか。確かにククリは日頃から人間的魅力って言うもんね。
こういう相槌とか会話テクニック1つ取って考えてみても
自然にできるようになれれば、僕でもモテ男になれるってことか。

よ、よし。僕も少しずつ頑張ってみるよ。
まずは"さしすせその法則"の暗記からだね。えっと・・」

ぶつぶつと暗記をし、イメージトレーニングを始めた根賀を前に
菊理媛神は堂々と女性をエスコートしている根賀をビジュアライズ化した。

菊理媛神が創り出したモテモテオタクが現実化する日は近いかもしれない。


⇒そもそも話題が尽きる|たちつてとの法則もCheck!!

スポンサードリンク
    • <$MTPageBefore delim="« Prev"
    • <$MTPageLists delim="" link_start="
    • " link_close="
    • "$>
    • <$MTPageNext delim="Next »"$>

<$mt:Include module="サイドバー"$>
<$mt:Include module="フッターナビ"$> <$mt:Include module="フッター"$>